カマグラの副作用とその対策

この章でわかること

★ カマグラの適性があるかを要チェック
★ カマグラは「効果が出る=副作用が起こる」

\たった3分ですぐ買える!/

カマグラゴールド
カマグラゴールド

カマグラはバイアグラのジェネリックで安く効果的にED治療ができます

EDの原因はさまざまですが、肥満や糖尿病などの生活習慣病で併発する可能性もあります。
その場合いつも飲む薬との相性が悪いことがあるので、カマグラを飲めるかどうかのチェックは必須。

また、カマグラを飲んだときに副作用が起こる確率は70%ほど。つまり10回に7回は起こる計算です。

副作用と向き合きあうにはどうすればいいのか?誰でもできる対処のしかたと合わせて説明します。

カマグラの適性チェック

持病がある場合、ふだん飲んでいる薬とカマグラの飲み合わせが悪いことも。

飲み合わせが悪いと、それぞれ飲んでいる薬の本来の効果が得られなかったり、身体にダメージ与えてしまったりすることもあります。

カマグラ通販をはじめる前に、薬の飲み合わせの確認は必ず行ないましょう。

チェックリストで確認しよう

カマグラを飲むにあたって、以下のチェックリストを確認してみてください。ひとつでも当てはまると、残念ながらカマグラの服用はNGです。

【カマグラ服用NGチェックリスト】

□一酸化窒素供与剤もしくは硝酸剤を飲んでいる
□低血圧もしくは高血圧
□重い肝機能障害がある
□心血管系(不整脈や狭心症など)障害がある
□リオシグアトを飲んでいる
□網膜色素変性症
□塩酸アミオダロンを飲んでいる
□最近6カ月以内に脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を起こした

チェックなしでも注意すること

もっとも身近な持病は生活習慣病で、症状が出ていても気づかない場合があります。今一度日頃の生活を振り返ってみて、思い当たる節がないかチェックしてみましょう。

生活習慣病について/厚生省

カマグラの副作用

カマグラの副作用は風邪の症状に近いですが、実際はそれよりも軽いものです。
もし起こったときも冷静に行動できるよう、症状をチェックしておきましょう。

症状リストをチェックしよう

カマグラを飲んで起こる可能性がある副作用は以下の通りです。

主な症状
・頭痛
・鼻づまり
・ほてり
・動悸
・紅潮

もしカマグラを飲んで身体に違和感があるなと思ったら、どの副作用にあてはまるかチェックをしてください。

そこで主な症状に含まれるものであれば問題ありません。
主な症状にも載っておらず、明らかに体調がおかしいとなったときは医者にかかるようにしましょう

勃起が止まらない症状もある

カマグラなどのED治療薬を飲んだことで起こる持続勃起症(プリアピズム)という症状があります。

この症状は効果が切れても勃起し続けるという夢のような状態になるのですが、放置したままだとペニスの組織が次第に死んでしまい、最後は勃起障害を起こしてしまうこともあります。

報告数が圧倒的に少ないので発症はかなり珍しいのですが、もし持続時間を過ぎても勃起したままなら、すぐに医者にかかるようにしましょう

対処のしかた

カマグラの飲み方を工夫することで副作用を抑えることもできます。
1番ポピュラーな対処としては飲む量を減らすこと。

カマグラは海外規格でつくられているので、身体が小さめな日本人には効果が強く出てしまうことがあります。

たとえば今は50mg飲んでいるとするならその半分、それでも強いならまたその半分にするなど、自分にあった用量を探してみましょう。

>>カマグラの効果的な飲み方

キツかったらセックスを中断する

カマグラの効きや副作用は、飲んだときのコンディションによって大きく変わります。

もし副作用がキツすぎてセックスに集中できないほどであれば、パートナーに事情を説明して、とにかく自分の身体を休めるようにしてください。

カマグラの副作用が起こるしくみ

カマグラを飲んで副作用が起こる理由、それは有効成分が効いているから。

カマグラはバイアグラと同じ有効成分の「シルデナフィル」を含んでいて、血管を広げる作用によって勃起しやすくもなり、副作用が起こる条件にもなります。

血管を広げる作用によるもの

副作用が起こる原因は血管を広げる作用によるもので、効果の効きに比例して起こるようになっています。

たとえば副作用でもっとも起こりやすい頭痛を説明すると…
カマグラは血流を良くしますが血の量は増えるわけではないので、脳が血量不足だと判断して一時的に貧血状態になって頭痛が起こるというものです。

副作用が起こるのは身体が拒否反応を起こしているのではなく、身体の良い働きによって起こっているものだと知っておきましょう。

まとめ

カマグラの副作用は慣れる

カマグラは効果が出れば副作用も出ることに等しいので、治療を続けていく上ではひたすら向き合っていく必要があります。といっても飲み慣れれば気にならなくなるので、深く考えすぎないのが1番の対策かもしれません。